バックオフィスが事業になる

ビル

会社の経費や従業員の勤怠管理、取引先や社内の連絡事項などを管理していた経理や総務、いわゆるバックオフィスと呼ばれる業務が今1つの事業としてどんどん拡大しています。
現代はWEBの発達とスマホやパソコンの普及によってすっかりインターネット社会となりました。
この環境を利用してバックオフィスにもさらなる効率化をもたらそうと考えた会社が増えているという現実があるのです。
たとえば、今までのバックオフィスといえば、エクセルやワードで管理している資料はオフラインで保管するのが当たり前、共有するときもせいぜい電子メールを利用するというだけというのが一般的でしたが、インターネットと自動化ソフトを利用することにより、関連性別にファイルを自動整理し、十分セキュアな状態を保持したままインターネット上のサーバー(クラウド)に保管することでいつでもどこからでも自由に取り出せることが可能になっています。
まだまだこういった波があらゆる企業に広まっているとは言い難い状況ですが、これからの主流になっていくのは間違いありません。

ビル